イベント案内

過去のイベント

「大和を掘る35 2016年度発掘調査速報展」ブリーフガイド new

平成29年7月29日(土)〜平成29年8月6日(日)

 速報展『大和を掘る』は、おもに前年度の県内遺跡の発掘調査資料の展覧会として例年開催されています。35回目となる今回は、平成28年度に発掘調査された遺跡のなかから、木製腰掛や初期須恵器が出土した橿原市新堂遺跡、犬形埴輪が出土した三宅町瓢箪山古墳、一辺約70メートルの方墳であることが判明した小山田遺跡、創建時の基壇が出土した東大寺東塔院跡など、約30遺跡を選び、出土遺物・調査写真パネルを展示いたします。(本展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で行われます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。本イベントは2階で開催いたしますが、講演・講座の開催中は会場にお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承願います。)

【奈良県三宅町 瓢箪山古墳 犬形埴輪の出土状況(西から)】

過去のイベント一覧に戻る