奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

講座案内

過去のイベント

奈良学ナイトレッスン 平成30年度第3夜

平成30年6月25日(月)19:00~20:30

わかるとおもしろい! 日本の曼荼羅(まんだら)

お寺巡りや博物館鑑賞で、必ずといっていいほど目にする、「曼荼羅(まんだら)」。華麗な色彩で仏様がたくさん描かれていたり、目をみはるほど大きかったり。荘厳で、独特のオーラがあり、なんだかパワーをもらえそう―そんな気持ちになるかもしれません。でも、そもそも「曼荼羅って何?」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

日本の仏教美術の魅力を国内外に発信されてきた白原由起子先生から曼荼羅の見方、楽しみ方を学んで、お気に入りの曼荼羅を探す奈良旅に出かけましょう。


★平成30年度 第3夜 

演題 わかるとおもしろい! 日本の曼荼羅(まんだら)
講師 白原由起子 氏(根津美術館特別学芸員) 
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成30年6月25日(月) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、6月18日(月)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、6月18日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法

★申し込みを締め切りました。

下の申込フォームから、6月13日(水)午後5時までにお申込みください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

 

白原由起子 氏(根津美術館特別学芸員)

2001年慶應義塾大学で哲学博士(日本美術史)の学位を取得。専門は仏教絵画史で、近年は神仏習合の美術を研究。2002年よりアメリカ・シアトル美術館でキュレータを勤め、2008年より東京・根津美術館に勤務。同美術館で「春日の風景-麗しき聖地のイメージ-」「曼荼羅展」「ほとけを支える-蓮華・霊獣・天部・邪鬼-」などの仏教美術展を担当する。慶應義塾大学で日本美術史の講義を英語で行うほか、仏教美術の初心者を対象とした講演を積極的に行っている。

 

愛染曼荼羅 鎌倉時代 根津美術館蔵

 

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

過去の講座一覧に戻る

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933