講座案内

過去のイベント

飛鳥を翔(かけ)た女性たち

「飛鳥を翔(かけ)た女性たち」
 
「日本国」という国が作られた飛鳥時代。現在につながる社会制度や風習が1300年前の「飛鳥」で誕生しました。その礎を作ったのが、推古・斉明(皇極)・持統という3人の女帝です。彼女たちの生き様を振り返ることによって、日本国が誕生した歴史を考えたいと思います。さらに、この時代は万葉歌を高らかに歌い上げた女流歌人や、我が国最初の僧侶である善信尼など、文化・宗教面でも女性の活躍が大きい。なぜ国が誕生する時に、女性の存在が大きくなるのか?なぜ、古代において女性がこのように力強く活躍したのだろうか?その謎に迫ります。[「日本遺産 日本国創成のとき〜飛鳥を翔(かけ)た女性たち〜」イベント連携講演です。]
 
1.日 時 : 平成29年7月22日(土)14時〜16時
2.講 師 : 相原 嘉之(あいはら よしゆき)氏(明日香村教育委員会 文化財課長) 
3.テーマ : 「飛鳥を翔(かけ)た女性たち」
会 場 : 奈良まほろば館2階
5.定 員 : 70名
6.申込方法: :※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX 
必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、
 奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ 
下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
 お問い合わせ先 
奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
   電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932
※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。


過去の講座一覧に戻る