講座案内

過去のイベント

太平記回顧「吉野朝廷を支えた歴史と誇り」〜第2回 宮方とともに歩んだ如意輪寺〜

平成29年8月19日(土)17:00〜18:00

 本講座では長い吉野の歴史の中でも、最も輝き、最も力強く、最も心が痛む太平記の時代についてお話しいただきます。吉野の人々が、後醍醐天皇をはじめとする宮方(南朝)を如何にして支えたのか、そして、その気風はどのような形で今に息づいているのかを、4回にわたって語り尽くしていただきます。
 
1.日  時:平成29年8月19日(土)17時00分〜(1時間程度)
2.講  師:加島 公信 師(後醍醐天皇勅願寺 如意輪寺住職)
3.演  題:「宮方とともに歩んだ如意輪寺」
 京都奪回を祈られた後醍醐天皇、吉野をあとにして四条畷の合戦に赴く楠木正行、その後ろ姿を見送る辯の内侍などなど、太平記の時代の如意輪寺は宮方とともに歩み、宮方の武運を祈り続けました。昨年には、戦後、途絶えていた後醍醐天皇の御事蹟を偲び、慰霊の法要を営む天皇忌が復活されるなど、宮方への思いは如意輪寺に長く伝わっており、その篤き思いを住職自らが語ります。
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料
6.定  員:70名(先着順)
7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

 

◇今後の講座内容<予定>
 ※各回の受講者の募集は、各回開催日の約1ヶ月前より行います。
 
第3回 日時:平成29年9月23日(土)17:00〜(1時間程度)
    演題:吉野に残る太平記の遺構
    講師:中東 洋行 氏(吉野歴史資料館 学芸員)
 
第4回 日時:平成29年10月14日(土)17:00〜(1時間程度)
    演題:宮方を支えた吉野人の心

    講師:池田 淳 氏(吉野歴史資料館 館長) 

過去の講座一覧に戻る