イベント案内

サテライト写真展「私がとらえた大和の民俗-住-」new

6月3日(土)〜6月12日(月)

 本展は奈良県内の民俗行事を中心に撮影をおこなっている写真家ら11名による競作展です。過去6年にわたり奈良の伝統行事などを紹介する写真展を奈良県立民俗博物館で開催してきました。本展は県外でのサテライト展示です。 
 今回のテーマは、くらしの根幹を司る「住」です。1枚1枚の作品には、単なる建物ではなく人の生活と息づかいを宿す“器”としての姿が写し出されています。奈良の特徴的な民家形式である「大和棟」や十津川の民家、祭の風景など、奈良の住環境にまつわる様々な風景を切り出した写真展を是非お楽しみください。(本イベントは奈良まほろば館2階で開催いたしますが、講演・講座の開催中は会場にお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承願います。)
 
【「田植えの頃」(十津川村桑畑)撮影:森川 光章 氏】

奈良・西ノ京ロータスロード〜蓮とご朱印めぐりを楽しむ旅〜new

平成29年6月1月(木)〜平成29年6月13日(火)

 蓮は仏教では神聖な花とされ、古くから南都のお寺に相応しい花として夏を彩ります。奈良市西ノ京エリアのお寺「喜光寺」「唐招提寺」「薬師寺」は蓮の花が美しいことで知られる名刹で、この三ヵ寺を繋ぐ道を「ロータスロード」と呼んでいます。蓮の見ごろは午前中です。蓮の花が境内に咲き誇るこの時期に、早起きして各お寺へ出かけてみてはいかがでしょうか。
 奈良市観光協会では、「奈良・西ノ京ロータスロード 特別ご朱印めぐり」として、この時期だけの特別なご朱印をいただける三ヶ寺共通拝観券(特別ご朱印の納経料・特製のご朱印帳込)を発売いたします。(奈良まほろば館においても5月20日から販売)。数量限定のため、お早目にお求めください。本イベントでは、「奈良・西ノ京ロータスロード」についてご紹介いたします。(※三ヶ寺共通拝観券をご利用いただける期間は平成29年6月10日(土)〜8月16日(水)です。)

【喜光寺】

映画『光』奈良の風景パネル展〜河鹹照監督作品 映画『光』より〜new

平成29年5月16日(火)〜平成29年5月31日(水)

 奈良を代表する映画監督、河鹹照が手がけた映画『光』の公開を記念して、映画の場面写を使用したパネル展を開催します。
 「日本の四季の中で光が一番美しく降り注ぐ、この季節に撮影をしたい」という河鶸篤弔了廚い里發函∈鯒の秋より自身の創作拠点である「奈良」で撮影を開始。光に満ちあふれた奈良の風景を中心に展示します。
 河鹹照監督作品、映画『光』5月27日より全国にて公開予定です。
(本イベントは奈良まほろば館2階で開催いたしますが、講演・講座の開催中は会場にお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承願います。)

【映画『光』チラシ】

談山神社〜始まりの1ページに会う、十三重塔とあおもみじ〜new

平成29年5月16日(火)〜平成29年5月30日(火)

 奈良県中部にある談山神社。談山の名の由来は、中臣鎌足と中大兄皇子が、大化元年(645年)5月に大化の改新の談合を多武峰(奈良県桜井市)にて行い、後に「談い山(かたらいやま)」「談所ヶ森」と呼んだことによるとされています。
 大化の改新ゆかりの地である談山神社には、世界唯一の木造十三重塔が現存しています。中臣鎌足の墓標として678年に建立されたもので、談山神社のシンボル的な存在としても有名です。
 また、紅葉の名所としても有名な談山神社ですが、初夏には山一面を覆い尽くすあおもみじが見頃を迎えます。
 本イベントでは、談山神社の十三重塔とあおもみじを中心に、パネル等で談山神社の魅力をご紹介する展示を実施します。

【談山神社 十三重塔】

過去に開催したイベントはこちら