奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

イベント案内

「大和を掘る36 -2017年度発掘調査速報展-」ブリーフガイドnew

平成30年7月26日(木)~平成30年7月31日(火)

 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館では、県内市町村・奈良文化財研究所・寺社など各機関のご協力を得ながら、前年度に発掘調査された資料をいち早く公開展示する機会として、速報展『大和を掘る』を毎年開催しています。本年度は36回目を迎えますが、奈良まほろば館で開催するブリーフガイドでは県内18箇所の遺跡を選んで写真パネルを展示し、簡単な解説をします。この機会に、豊富な文化財を有する奈良県の魅力を知っていただければと思います。

  

       【宮滝遺跡 東側上空から(吉野町教育委員会提供)】           【四条1号墳全景(上が北)】

大切にしたい奈良県の野生動植物パネル展new

平成30年7月19日(木)~平成30年7月24日(火)

 奈良県では県内で生息している絶滅のおそれのある野生動植物をリストアップし、その現状をとりまとめた「大切にしたい奈良県の野生動植物奈良県版レッドデータブック」を刊行しています。本イベントではレッドデータブックに掲載されている希少な野生動植物の一部をみなさまにご紹介するとともに、奈良県に生息する動植物や豊かな自然を守ることへの理解を深めることを目的として、パネル展示を開催します。

【ナゴヤダルマガエル(奈良県レッドデータブック絶滅寸前種)】

大和路秀麗 八十八面観音巡礼new

平成30年7月12日(木)~平成30年7月17日(火)

 あらゆる方角を向いて私たちを厄災から救ってくださる十一面観音を8体巡ると、八十八面のお顔を拝することとなり、「子どもの13歳・女性の33歳・男性の42歳」の厄年の合計88歳と同数になることで、人生におけるすべての厄災から救われるとして信仰を集めています。このように厄災から救いの手をさしのべてくださる大和8ヵ寺の十一面観音をご紹介します。(8ヵ寺は西大寺・法華寺・海龍王寺・大安寺・法輪寺・聖林寺・長谷寺・室生寺です。)

【 八十八面観音巡礼 】

過去に開催したイベントはこちら

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933