お申込みフォーム

この講座はページ下の申込フォームよりお申込みいただけます。
※当サイトのプライバシーポリシーはこちら

奈良学ナイトレッスン 平成29年度 第7夜

平成29年10月25日(水)19時00分〜20時30分

はじめての正倉院展 1200年の時を超えた宝物に出会う旅

 

1200年前の宝物が、色あせずに残る奇跡。そのきっかけが、聖武天皇と光明皇后という、一組の夫婦の愛にあったことをご存知ですか。
今回の講座では、正倉院に宝物がおさめられた成り立ちや歴史の解説にくわえ、先生の制作された映像で正倉院宝物の細部にじっくりと迫り、時を越えてなお私たちの心に響く、8世紀に生きた夫と妻の愛の物語をひもときます。

また、今年で第69回を数える正倉院展の見所や観賞のポイントもたっぷりとご紹介します。

★平成29年度 第7夜 

演題  はじめての正倉院展 1200年の時を超えた宝物に出会う旅
講師
牟田口 章人 
会場 奈良まほろば館2階
日時
平成29年10月25日(水) 19時00分〜20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、10月18日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。  
申込方法 下の申込フォームから、10月15日(日)午後5時までにお申込みください
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「
mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。※申込みを締め切りました。
※未申込みの方および落選された方のキャンセル待ちはございませんのでご了承ください。
※当選された方は当選メールをプリントアウトし、出席表としてお持ち頂きますようお願いいたします。


[講師プロフィール]
 牟田口 章人 氏

1950年東京都生まれ。帝塚山大学文学部教授。

朝日放送株式会社文化財担当プロデューサーを経て現職。京都・奈良をはじめとし、近畿地方を中心にテレビ番組を通じて日本の伝統文化を発信してきた。正倉院展を紹介する特別番組を1998年から毎年制作し、四半世紀をかけ、600件を超す正倉院宝物の撮影を行う。また2011年から3年をかけて1世紀ぶりに行われた正倉院の校倉の大修理に立ち会い、映像記録を行った。それらの経験をもとに、大学では文化財を映像で表現し、対象に迫り、発信できる人材を育成している。
          
主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座は定員に達した為お申込みいただけません