講座案内

第28回 奈良・シルクロードの会 講演会

木簡からみた古代東アジアの生活文化

木簡は、前近代の東アジアのさまざまな地域で、記録や情報伝達の手段として広く使われていました。
本講演では、韓国や日本から出土する木簡を読み解き、古代東アジアの生活文化の一端を垣間見ることにします。
1.日 時 :平成30年3月21日(水・祝日) 14:00〜(1時間半程度)
2.会 場 :奈良まほろば館2階
3.講 師 :三上喜孝 氏(国立歴史民俗博物館教授)
4.資料代等:500円(当日受付にてお支払いください。)
5.定 員 :70名(先着順)
6.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

金峯山寺法話new

平成30年3月18日(日)14:00〜15:30

 奈良県吉野山金峯山寺は、古来より修験道の聖地として、山伏(修験者)がたくさん訪れる地です。修験道や金峯山寺についてわかりやすくお話しし、「悠久の聖地 吉野」へいざないます。
 
1.日  時:平成30年3月18日(日)14:00〜15:30
2.講  師:田中 利典 師(金峯山寺長臈)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
6.申込方法:

・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

金峯山寺伝統法会花供会式new

平成30年3月17日(土)14:00〜15:30

 金峯山寺の伝統法会である、花供懺法会(花供会式)のはじまりから、その意味、内容までわかりやすくお話しします。
 
1.日  時:平成30年3月17日(土)14:00〜15:30
2.講  師:西畑 良芳 師(金峯山寺渉外部長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
6.申込方法:

・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

平城京に生きた人々

平成30年3月17日(土)11:00〜

1.日  時:平成30年3月17日(土)11:00〜(1時間半程度)
2.講  師:宍戸 香美 氏(奈良女子大学古代学学術研究センター協力研究員)
3.内  容:

奈良時代の首都・平城京には、さまざまな身分の人々が暮らしていました。都の住人といえば貴族が思い浮かびますが、彼らの暮らしは民衆の支えがあってこそ成り立つものでした。例えば、税を運搬したり、下級役人として勤務するなど、多様な目的で都と地方を往来する人たちがいました。奈良時代の平城京にはどのような人々が住み、彼らの暮らしはどのようなものだったでしょうか? 

本講演会では、平城京に生きた人々の暮らしについて、貴族と民衆を比較しながらお話しいただきます。

[本講演会は、奈良女子大学の協力で実施します。]
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料

6.定  員:70名(先着順)

7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

★3/25に、奈良女子大学より講師をお招きして、「平安時代の奈良」をテーマにした講演会を予定しています。講座の約1ヶ月前より当HPにて詳細をお知らせします。
 

温泉の歴史と魅力ー奈良の温泉を入口にーnew

平成30年3月11日(日)13:30〜(1時間半程度)

1.日  時:平成30年3月11日(日)13:30〜(1時間半程度)
2.講  師:樽井 由紀 氏(奈良女子大学古代学学術研究センター協力研究員)
3.内  容:

明治14年(1881)にドイツのフランクフルトで万国鉱泉博覧会が開催されました。そこに出品するために日本政府が全国の鉱泉の成分、位置状況、浴客数、発見年などを調査し、まとめた報告書があります。
その報告書では、奈良の鉱泉(温泉)について、どのように記されているのでしょう。
  今まであまり語られることが無かった奈良の温泉を入口に、温泉の歴史と魅力についてお話します。

[本講演会は、奈良女子大学の協力で実施します。]
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料

6.定  員:70名(先着順)

7.申込方法
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

★3/17に、奈良女子大学より講師をお招きして、「平城京の暮らし」をテーマにした講演会を予定しています。講座の約1ヶ月前より当HPにて詳細をお知らせします。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

「弟姫と軽大娘皇女〜『日本書紀』に描かれた恋のてんまつ」(まほろばソムリエの深イイ奈良講座)new

平成30年3月11日(日)11:00〜12:30

NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。

時代は5世紀中頃、絶世の美女・弟姫(おとひめ)をみそめた允恭(いんぎょう)天皇の恋のてんまつは?
また禁断の恋に落ちた皇太子・木梨軽皇子(きなしのかるのみこ)と同母妹・軽大娘皇女(かるのおおいらつめのひめみこ)。当時から同母兄弟の恋はタブーでした。果たして2人の運命は?

『日本書紀』が語る、飛鳥を舞台に繰り広げられた2つの恋の物語です。

1.日  時: 平成30年3月11日(日)11:00〜(1時間半程度)
2.演  題: 「弟姫と軽大娘皇女〜『日本書紀』に描かれた恋のてんまつ」
3.講  師: 木村 三彦 氏(NPO法人奈良まほろばソムリエの会 顧問)
 

4.会  場: 奈良まほろば館2階
5.資料代 : 500円  
6.定  員: 70名(先着順)
7.申込方法:

 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、
 奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

 

 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良学ナイトレッスン 平成29年度 第12夜new

平成30年3月7日(水)19:00〜20:30

村上萌さんに教わる、理想の週末旅の叶え方 #discoveryoshino

日常から少し距離をおいて、リセットするような週末を過ごしたい…。せっかくのお休み、ただ観光するだけじゃ物足りない…。そんな風に思ったことはありませんか?同世代の女性から支持を集めるライフスタイルプロデューサーであり、メディアブランドNEXTWEEKENDの編集長、経営者としても活躍する村上萌さんが、忙しい日々のなかでふと足を止めてまっさらな自分と出会う、週末旅のヒントをお伝えします。

また、そんな村上さんが土地の魅力にハマったのが、奈良・吉野。木や土のにおい、みごとな建築の寺院、春には山を埋め尽くす桜…。ぐるりと山々に囲まれたそのまちにある、美しい景色、凛とした空気、あたたかい人、体がやすらぐおいしいものなど、村上さんのお気に入りポイントをたっぷりと語っていただきます。

いつもとひとあじ違う、とっておきの週末時間のご提案です♪

★平成29年度 第12夜 
演題  村上萌さんに教わる、理想の週末旅の叶え方 #discoveryoshino
講師
村上 萌 氏
会場 奈良まほろば館2階
日時
平成30年3月7日(水) 19時00分〜20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、月28日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。  
申込方法 下の申込フォームから、2月25日(日)午後5時までにお申込みください
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「
mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。

[講師プロフィール]
 村上 萌 氏 

1987年生まれ。株式会社ガルテン代表取締役/NEXTWEEKEND代表。
「次の週末に叶えたい、理想の生活」というコンセプトのもと、季節の楽しみと小さな工夫を提案するメディアブランドNEXTWEEKENDを主宰。雑誌NEXTWEEKEND(世界文化社)の刊行、ウェブマガジン(
http://nextweekend.jp/)、イベントやECストア運営を手掛ける。また全国各地の空間やイベントのプロデュースにも多数携わる。仕事で訪れた吉野に惹かれ、吉野杉などを使用したカッティングボードの商品企画も手がける。著書にマガジンハウスより「カスタマイズ・エブリデイ」世界文化社より雑誌「NEXTWEEKEND」ディスカヴァー21より「週末野心手帳」など。
主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座に申込む(申込フォームへ)

第4回奈良県の醤油蔵麹によるMyしょうゆ造りセミナーnew

平成30年3月3日(土) 13:00〜15:00 16:00〜18:00

 かつて全国に杉桶の材料を供給した奈良県には、原料から一貫生産する自家醸造の蔵が今も多く残り、それぞれの蔵独自の風味、味わいを醸しています。基礎調味料として普段あまりに身近な醤油ですが、近年においては、洗練された日本の食文化を支える存在として、もう一度見直し、より深く知りたいと考える方が増えています。
 そんな意識の高いしょうゆ好きの方々に醤油作りの実体験を通してさらに深く、体系的に醤油をご理解いただきたいとの思いから本講座を開催いたします。
 

 本講座では、醤油業界の全国と奈良県の状況、「古代ひしお」から見える発酵の歴史と醤油が作られるまでの工程説明、ご家庭で諸味発酵を体験するMy醤油つくりの3つをテーマとして奈良県で造られている醤油の魅力をご紹介します。


※本職の醤油屋のサポートとレクチャーでどなたでも醤油造りができます。
※麹造りなど作業が難しい部分は事前に準備いたします。醤油の発酵熟成をご自宅で見守ってください。

■マイ醤油作りのお楽しみ
ー分だけの醤油を仕込みます。
∈猯舛箴潴の発酵管理・搾り方が分かるマニュアルなど、すべて主催者で用意。
しょうゆ物知り博士教室も開催。
て猯標産ミニボトル醤油のお土産。

【主催】奈良県醤油工業協同組合
(協力醤油蔵元:井上本店、片上醤油、徳星醤油、ニシキ醤油)

 

1.日  時:平成30年3月3日(土)(各部とも2時間程度)
       第1部 13:00〜 第2部 16:00〜
       ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.材料費等:3,000円(※当日受付にて申し受けます)
       2本以上仕込む方は、1本につき追加 1,500円
       ※追加仕込は希望総数が50本に達するまで先着順で受付
       ※醤油麹、仕込塩水、仕込容器、発酵の種もろみ、発酵熟成後の搾り布等、
        必要な物は主催者で準備します。
       ※1本500ccのマイ醤油ができます。
4.定  員:各部とも30名(先着順)
5.申込方法:※第1部は、定員に達したため、申込みを締め切りました。 
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望時間)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館あてご送付ください。 
 ※追加をご希望される方は、必ず「本数」をお書き下さい。

 ・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 ※追加をご希望される方は、補足欄に必ず「本数」を入力して下さい。
 ※申込締切 平成30年2月24日(土)

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】 10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※内容等についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 奈良県醤油工業協同組合
 〒636−0124 奈良県生駒郡斑鳩町五百井1−3−10
 電話0745−75−2887
 メールアドレスnara_shouyu-kumiai@kcn.jp 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※キャンセルされる場合は、事前に必ずお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

古都奈良の変貌ー絵図・地図を活用してー

平成30年2月24日(土)11:00〜

1.日  時:平成30年2月24日(土)11:00〜(1時間半程度)
2.講  師:内田 忠賢 氏(奈良女子大学文学部人文社会学部 教授)
3.内  容:
1300年前に首都として造られた平城京は平安遷都後、西端の部分(外京)だけを街として残し、大部分は農地となってしまいます。首都ではなくなった後も、外京は、京都に対し南都として中近世に繁栄を続けます。江戸時代の絵図を見ると、宗教都市というだけでなく、観光都市、経済都市としても特徴があることがわかります。明治時代に入ると、廃仏毀釈(新政府の方針による、仏教を廃する諸活動)の嵐の中、興福寺などが縮小する一方、都市公園として奈良公園が設営されます。また、古都という位置付けながら、帝室博物館(現在の奈良国立博物館)や高等師範学校(現在の奈良女子大学)など、教育文化の中枢も置かれます。本講演会では、このように1300年の歴史を持つ奈良の街の変貌について、奈良女子大学より講師をお招きし、近世の絵図、近現代の地図をもとに、お話しいただきます。

[本講演会は、奈良女子大学の協力で実施します。]
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料 

6.定  員:70名(先着順)

7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。 
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

★3/11 13:30〜 奈良女子大学より講師をお招きして「温泉」をテーマにした講座を開講予定です。
詳細・お申し込みの受付は、講座開始1ヶ月前を目処に当館HPにてご案内いたします。

 

大和地蔵十福 講話会(全6回)new

平成30年2月22日(木)、2月24日(土)、2月26日(月)、2月27日(火)、3月1日(木)、3月6日(火) 14:00〜15:30

 奈良県内の魅力ある地蔵菩薩を安置する十ヵ寺の地蔵尊を巡拝することで福徳が授かる「大和地蔵十福」。地蔵十福とは、地蔵本願経や延命地蔵経で説かれており、十ヵ寺の地蔵尊を巡拝・満願すれば、「女人泰産(健康で聡明な子供の安産が叶います)」、「身根具足(健全な心と身体を授けてくださいます)」など、十の福が授かります。十ヵ寺の地蔵菩薩はそれぞれ特徴があり、その内八ヵ寺の地蔵菩薩は、国の重要文化財に指定されています。
 奈良まほろば館では、2月22日(木)から3月6日(火)にかけまして、「大和地蔵十福」十ヵ寺をご紹介する展示イベントを開催いたします。この開催を記念して、これら魅力ある地蔵菩薩を安置する寺院より講師をお招きし、下記のとおり講話会を開催いたします。
 
※1回だけの受講も可能です。

※【お知らせ(1月30日時点)
第3回講師の体調不良により講師及びテーマが変更となりました。
 
1.日時、講師、演題  ※各回とも14時00分〜(1時間半程度)
 第1回 平成30年2月22日(木)伝香寺住職 西山 明彦 師 「仏陀のおしえ」
 第2回 平成30年2月24日(土)室生寺教務執事 網代 裕康 師 「お地蔵さまの魅力」
 第3回 平成30年2月26日(月)十輪院住職 橋本 純信 師 「十ヵ寺のお地蔵様と住職の横顔」
 第4回 平成30年2月27日(火)十輪院住職 橋本 純信 師 「墓じまい・仏壇じまい・仏じまい」
 第5回 平成30年3月1日(木)元興寺住職 辻村 泰善 師 「興法利生について」
 第6回 平成30年3月6日(火)霊山寺上院 東山 光秀 師 「霊山寺について」
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.資料代等:無料
4.定  員:各回とも70名(先着順)
5.申込方法:
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

写経教室

平成29年4月〜

奈良まほろば館ならではの文化講座です。
奈良の魅力に触れていただけるような内容を盛り込んだ講座を開催しています。
心の休息を求めて、ご参加下さる皆様のお越しをお待ちしております。

◆写経教室(定員20名(先着順))
奈良の法相宗大本山薬師寺からお坊様をお招きし、写経を行います。
この教室では「写経」を行うだけでなく、お坊様より普段は聞くことの出来ない「法話」をお伺いします。
法話を通して奈良の魅力にも触れていただく絶好の機会です。 
完成した写経は、薬師寺の納経堂に納められ永代供養されます。1回だけの受講も可能です。
 ※写経は般若心経又は父母恩重経をお選びいただけます。
 

  
日時: 3月9日(金)
19:00〜21:00                 
資料代等: 1回3,000円(写経納経料含む)
※道具はお貸しいたします。  
講師: 生駒 基達 師(薬師寺 副執事長)


※以前行った教室の様子です。



■申込方法 
ハガキまたはFAX 必要事項(教室名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・FAX番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までご送付ください。
ホームページ 下記「申込フォーム」からお申し込みください。
   
お問い合わせ
 
 奈良まほろば館  【開館時間】10:30〜19:00
  〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2階
  TEL:03-3516-3931 /  FAX:03-3516-3932

※参加証等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※受講料は当日開始前に頂戴いたします。
※受付は開始30分前から行います。開始10分前までにお越しください。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。 

この講座に申込む(申込フォームへ)

過去に開催したイベントはこちら